ヒトヒフバエ 

ヒトヒフバエ(ウマバエ)

ヒツジバエ科(Oestridae)は、ハエ目(双翅目)に属する科の一つ。世界に28属151種が知られている。ハエ目の科としては種数が少ない方であるが、幼虫が脊椎動物、とりわけ哺乳類に寄生し、ハエ幼虫症を引き起こすことでよく知られている。その中でもヒトヒフバエ Dermatobia hominis は、幼虫がヒトの皮膚に寄生してハエ幼虫症を引き起こすことが知られている。
ヒツジバエ科 -wikipedia


ヒトヒフバエの幼虫

ヒトヒフバエの幼虫 

正面

ヒトヒフバエの幼虫


ヒトヒフバエの人への寄生方法

ヒトヒフバエの寄生

ヒトヒフバエは自ら人間に近づくことなく 子供たちを人体内に送り込みます。
ヒトヒフバエが利用するのは、 メスのカ (蚊) やサシバエなど、 人類を吸血する他の昆虫たちです。
ヒトヒフバエのメスは、カやサシバエを 見つけると捕まえて体の表面に卵を 貼り付けるように産み付けます。
卵をくっつけられたそれらの 昆虫たちが人間の血を吸いに 近づくとヒトヒフバエの幼虫は 卵から孵化し、カやサシバエが 開けてくれた穴からまんまと 人間の体内に侵入するというわけです。
https://www.youtube.com/watch?v=GgvOSszFbjo

ヒトヒフバエが馬へ寄生した場合

馬術に用いられるウマを寄主とするヒツジバエ科の種は、前脚の砲骨や膝、時にはのどや鼻の中に卵を産み付ける(産卵場所は種によって異なる)。寄生を防ぐためには、孵化する前に卵を注意深く除去する必要があるが、鼻などに産み付けられた場合は、そこから口や胃、そして腸に入り込み、そこで孵化した幼虫によって組織の炎症が起こり、結果として組織の腐食や潰瘍がそこに生じる。
ヒツジバエ科 -wikipedia

ハエ幼虫症とは

ハエの幼虫による皮膚の寄生には主に3つのタイプがあります。
  • せつ性(吹き出もの様または腫れもの様の)蝿蛆症
  • 創傷蝿蛆症
  • 移行性蝿蛆症
せつ性蝿蛆症: よく原因となる種はウマバエとして知られるハエです。
よくみられる症状として、かゆみ、もぞもぞ動く感覚、ときには鋭く刺すような痛みがあります。最初はよくある虫さされや吹き出もの(せつ)の始まりに似た小さな赤い隆起が生じます。後に隆起が大きくなり、中心部に小さな開口部が見えることがあります。開口部から透明な黄色の液体が出てきたり、ときには幼虫がごく一部見えることもあります。

幼虫は酸素を必要とするため、開口部を塞ぐことで幼虫が出てきたり、出てこないまでも表皮に近づくことがあります。表皮近くまでくれば、引っぱり出しやすくなります。皮膚の開口部を塞ぐために、ワセリン、マニキュア、さらにはベーコンやタバコを練ったものを塗る人もいます。取り除く前に幼虫が死ぬと取り出しにくくなり、しばしば強い炎症反応を起こします。ほかに取り除くために開口部周辺の皮膚を圧迫して絞り出す方法もあります。局所麻酔を行って小さく切開し、鉗子で幼虫を引っぱり出すこともあります。イベルメクチンを服用したり、皮膚に塗ることでも幼虫が死んだり、外に出てくる場合があります。
皮膚蝿蛆(ようそ)症(ハエ蛆症) -メルクマニュアル医学百科 家庭版

ここから閲覧注意

【閲覧注意】 寄生虫ウマバエが体内から出て 行く様子が怖い動画が話題に ①

 
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=GgvOSszFbjo)


【閲覧注意】ウマバエを体内で飼育した昆虫学者!命がけの探求心がヤバイ

 
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=qeHH49oQ6a8)


【閲覧注意】人体に寄生するヒトヒフバエ(ウマバエ)がヤバすぎる・・・【寄生虫】

 
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=q6o-eT063OA


日本には居ないようですが、1996年の時点で12例は確認されているようです。旅行等で中南米に行ったりした場合は、ヒトヒフバエに寄生される危険性は出てくるので注意しましょう。