タガメ 
(出典:http://zukan.kids.yahoo.co.jp/animal/kind/insect/0206.html)

タガメ

日本最大の水生昆虫で、水中では最強を誇り、水陸空すべてに対応できるジ・オールマイティなタガメ。 
肉食性で、昆虫はもちろん小型の爬虫類から小型の哺乳類まで、むしろ自分より大きい獲物を捕食する習性があるようです。
 

タガメ正面 
(出典:http://mushikurotowa.cooklog.net/Entry/220/)



スペック

体長は50-65mm。
北海道を除く日本全土に分布するが局所的。
国外では台湾、朝鮮半島、中国に分布する。
呼吸管は尻にあり、前肢は強大な鎌状で、獲物を捕獲するための鋭い爪も備わっている。

参照:タガメ - Wikipedia

タガメの成虫に生きているカエルをあげてみた

 
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=4LSPxB-MDFo)

まるで総合格闘技の絞め技のよう・・・。


高めの捕食

 
(出典:https://www.youtube.com/watch?v=mnqh_UiXSX0)

構えから怖いし速い・・・。


タガメは数キロメートル飛行できる

背中は一見硬い甲羅のようだが、翅を広げて数キロメートル飛行することもできる。飛行するのは繁殖期の夜間に限られ、普段の住みかに同居する血縁者との交配を避けるためと言われる。
タガメとは (タガメとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

採集する時は注意!

・・・ただし、彼らは強力な鎌状の前足とぶっとい口器をもっていますので、くれぐれも咬まれないように注意が必要です。
この消化液を流し込むタイプの昆虫に咬まれた場合、最悪組織が壊死する可能性があります。
慣れていないのであれば素手で掴まない方が賢明です。
最強の水中昆虫タガメ タガメ女にもご注意! - 野生動物や昆虫の知られ ...

そんな強いタガメだけど絶滅危惧種

水田や水草が豊富な止水域に生息し、かつてはナミゲンゴロウと並んで田んぼを代表する昆虫だったが、農薬の普及や護岸などの環境破壊によって近年その数を急激に減らし、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に分類されている。都府県によっては絶滅危惧I類、もしくは既に絶滅種に指定している自治体もある。特にBHC、ピレスロイド系の農薬は一度の使用でタガメの復活を困難にしてしまう。現在の生息地は、山間部の池や田んぼにほぼ限られている。きれいな水質と餌が豊富な環境で無いと生息が難しいため、水辺の自然度を測る時の指標になる種と言える。
タガメ - Wikipedia

水中のギャングと呼ばれる獰猛なタガメですが、デリケートな面の方が強いんですね。

タガメ ヘビ捕食
(出典:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52011210.html)


↑こんなに強いのに・・・。

農薬の影響はある程度仕方ないのかもしれませんが、綺麗な環境を維持できたならここまで減少しなかったのかも知れません。今後、絶滅してしまわぬよう少しでも環境に気を配って食い止めれたらと願います。