ヤスデと言えば、ムカデに似ているけど肉食性では無く、日本最大種のヤエヤママルヤスデで7cmほどですが、なんと海外で最大30cmにもなるアフリカオオヤスデをハンドリングしている動画が投稿されています。

通常のヤスデは

ヤスデ
 出典:http://harerika.exblog.jp/14126203/ 


こんな感じですが、果たして最大30cmにもなるアフリカオオヤスデとは!?
 

Giant Millipede Crawls Up Arm

 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=-GjVMc1VyDY 


もはやコラに見えてくるほどですね・・・・。

投稿者の方にとってはかわいいペットなんだと思いますが・・・


アフリカオオヤスデ

模様とかテカり方とか自然界に存在していない気がします笑


アフリカオオヤスデ

アフリカオオヤスデ(阿弗利加大馬陸、学名 spirosteptus gigas)は節足動物門多足亜門ヤスデ綱ヒキツリヤスデ目ヒキツリヤスデ科に属するヤスデの一種。

世界最大のヤスデで、体長は20~30cmほどにもなり、最大で30cmを超える程巨大になる。黒い体色と、関節部分と脚、触角部分が赤いのが特徴。 日本最大のヤエヤママルヤスデの3倍以上にもなる巨体と色合いは迫力がある。

熱帯雨林の底部に生息し、土の中や朽ち木の近辺に住み、また、木に登って木の葉を食べる事もある。
餌は主に落ち葉やキノコなどの菌類、それに動物の死体や果実など、口に入るものなら何でも食べる。その選り好みをしない食性のレパートリーの幅広さで巨大になったとも考えられる。
悪臭を放つ液を出して身を守るとされている。寿命は数年ほどだとされる。
アフリカオオヤスデ - Wikipedia