サルオガセギス 

一見、変わった植物のみが写っているように見えますが、実はサルオガセギスという中南米コスタリカの熱帯雨林に生息するキリギリスも一緒に写っています。

 

正体は、

サルオガセギス 

この子なんですが、

サルオガセという雲と霧に包まれた「雲霧林 (うんむりん)」と呼ばれる環境、地域に繁殖する植物に擬態する為に、このような姿に進化したようです。


サルオガセ
出典:http://pnwhandbooks.org/plantdisease/pathogen-articles/nonpathogenic-phenomena/algae-lichens-and-mosses-plants




122


Camouflage

 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=ldrn6sEXSgo 


敵に気づかれまいとゆっくり動いているのでしょうか・・・。

サルオガセギス単体では強気な見た目で肉食系に見えるのですが、サルオガセに擬態していると超弱気な草食系に見えるのは私だけでしょうか?

サルオガセ

サルオガセ(猿尾枷、猿麻桛)とは、「樹皮に付着して懸垂する糸状の地衣」(広辞苑)。霧藻、蘿衣ともいう。植物学上では、サルオガセ科サルオガセ属(Usnea)の地衣類の総称。
ブナ林など落葉広葉樹林の霧のかかるような森林の樹上に着生する。その形は木の枝のように枝分かれし、下垂する。しかし樹木のない南極に自生するナンキョクサルオガセ(インモウゴケ)は例外で、岩石に着生する。
日本ではヨコワサルオガセやアカサルオガセをはじめ、およそ40種類確認されており、世界では600種以上と言われる。
南アメリカ原産のサルオガセモドキ(Tillandsia usneoides)は外観がサルオガセに酷似しているが、地衣類ではなくパイナップル科チランジア属に属する被子植物である。
サルオガセ - Wikipedia

関連