コバルトブルータランチュラ 

コバルトブルータランチュラ

はタイ、ミャンマーに生息していて、美しさとは反対に性質が荒いうえに動きが非常に素早く、毒性も強い危険なクモです。その美しい色彩によってペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されているようですが、取り扱いには十分な注意が必要のようです。
 

Haplopelma lividum (Cobalt Blue Tarantula) feeding (in HD)

229 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=TQTinWkGqFE 


コバルトブルータランチュラの形態

体長オス4センチメートル、メス6センチメートル。脚を含めた全長(レッグスパン)オス8センチメートル、メス12センチメートル。体色は金属光沢のある青、緑青色などの変異がある。
コバルトブルータランチュラ - Wikipedia

228

関連