691

カマキリモドキは、画像のように前脚は鎌状なっていて、カマキリにそっくりなアミメカゲロウ目カマキリモドキ科に属する昆虫です。

しかしながら、黄色い種が多くどちらかと言うとスズメバチに擬態しているのではないかと考えられているようです。



689
690
692
693


頭部は目の大きい三角形で、触角が短いこと以外はカマキリに似る。前脚はカマキリのような鎌構造になっており、異なる点はカマキリが鎌を胸の前に構えるのに対して、カマキリモドキは胸の横、腕より後ろに構える。小型の昆虫などを捕まえて食べることから、一種の収斂進化と見られる。翅の輪郭は脈翅目特有の滑らかな曲線でできており、よく飛び回る。黄褐色のものが多く、スズメバチに擬態しているのではないかと考えられている
カマキリモドキ - Wikipedia
収斂進化(しゅうれんしんか)とは、簡単言いますと、似せて進化したのではなく、身体的特徴が同じような姿に進化する現象です。

まだ、はっきりとは分かっていない部分も多いようですが、もし、本当に収斂進化だとしたらカマキリモドキという名前はちょっぴりかわいそうな気がしますw

とはいえ、カマキリモドキは世界的にも400種類ほどしか名前が付いておらず、カマキリに比べたらマイナーな昆虫なので、しょうがないのかもしれません・・・。

参考:第52回 カマキリモドキはカマキリの真似をしていない? | ナショナルジオ ... 


Mantidfly - Looks like Praying Mantis and Wasp

 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=0NV3EK4YsP8 

Amazing Insects Vol.9, No.4 : Mantispidae No.4

 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=pWInUToLahQ