Dangerous Insects

世界中の危険な虫(昆虫)、珍しい虫等を紹介するブログ

Sponsored Links
おすすめ関連サイト
メッセージ

名前
メール
本文


カテゴリ: 捕食

シースルーなカマキリの食事によって映し出される食されたハエが器官の中を通っていく様

 カマキリは全世界で2,000種前後といわれ、研究者によっては1,800-4,000種の開きがあったりするようですが、そんなカマキリの中でもひと際、透き通っているカマキリが存在します。その名はグラス・マンティス。今回は、そのグラス・マンティスがハエを捕食する様子が映され

【実はいい奴】 人間には害は無くゴキブリやシロアリなどを駆除してくれる益虫“ゲジゲジ”

(出典:http://www.uchinome.jp/nature/insect/2015/insect27.html)ゲジゲジ見た目や名前、動きの速さから人々に嫌われているゲジゲジですが、実は、ゴキブリやシロアリ、ダニなどを捕食してくれる益虫なのです。しかも、積極性はなく人間に噛みつくことはあまりないとのこと

恐るべき軍隊アリ

軍隊アリとはグンタイアリ(軍隊アリ、軍隊蟻、army ant)とは、ハチ目アリ科(アリ)のうち、グンタイアリ属 Eciton など7属の総称である。これらは単系統をなし、分類上は3つの亜科に分割することが多いが、グンタイアリ亜科としてまとめることもある。 一般のアリと異なり

【デスストーカー】 その危険性故に日本での輸入が禁止されているオブトサソリ

オブトサソリの危険性とは毒性が強いサソリ類で、非常に危険な種類である。餌の動物を捕食する時も、防衛の時も積極的にその毒針を振るい、餌の少ない砂漠で確実に獲物を仕留める為に強化された毒は人間でも死亡例がある。 動きも素早く、走るときはかなりのスピードで砂地を

【世界最強のスズメバチ】 オオスズメバチ特集

 (出典:オオスズメバチ -wikipedia)見るからに危険だと思わせる配色、大きさ、カタチ。 もはや、説明不要のオオスズメバチですが、まずは、ざっと生態を。オオスズメバチほぼ日本全土に分布。(インドから東南アジア、東アジアにかけて広く分布する)体長は女王バチがおよそ

【お化けコオロギ】 リオックが強すぎる

(出典:http://ameblo.jp/hot-taka/entry-11579007803.html)インドネシアに生息する超大型のコオロギリオック(学名:Sia ferox)は、インドネシアに生息する昆虫の一種。キリギリス亜目- コロギス上科 (en) - Stenopelmatidae科 (en) - Sia属に分類される大型の直翅目昆虫で

【閲覧注意】 サソリがマウスを捕食 毒針を何度も撃ち込む

水槽にはペットとして飼われている2匹のサソリ。そこに餌として生きたマウスが…入れられた直後のマウスはそこにいるサソリが危険である捕食者とは気づいていません。状況を確認しようと水槽内を歩きまわります。そのうち何度かハサミで突かれ次第にサソリを警戒するように

Copyright © Dangerous Insects All Rights Reserved.
pagetop