Dangerous Insects

世界中の危険な虫(昆虫)、珍しい虫等を紹介するブログ

Sponsored Links
おすすめ関連サイト
メッセージ

名前
メール
本文


タグ:アメリカ

まるでハチにしか見えない!? テキサスワスプ蛾

まるでハロウィンの衣装のような配色とアシナガバチの姿をしたこちらの画像に写る昆虫の正体は、アメリカ南部やメキシコ等に生息するテキサスワスプ蛾という蛾です。翼幅は32mm~34mmで大きさもアシナガバチと同じくらいで擬態しているようです。

バナナにそっくり!? “バナナナメクジ”

おいしそうなバナナの画像ですね。え!?バナナじゃないって?そうです。バナナに似たナメクジ、バナナナメクジです。こちらは、ちょっぴり傷んだおいしそうなバナナに見える熟したバナナナメクジです笑

致死率100%の寄生虫 “芽殖孤虫”の恐怖

 寄生虫は基本的に、種ごとに寄生する宿主は決まっており、最終宿主に寄生して成虫となる。では、本来寄生すべき宿主に寄生できず、宿主を間違えてしまうとどうなるか・・・今回は、世界的に感染報告が少なく、致死率100%の謎の寄生虫、芽殖孤虫(がしょくこちゅう)の紹介

美しいゴキブリ!? 緑色の“グリーンバナナローチ”

 ゴキブリと言えば誰もが忌み嫌う害虫で、世界には約1兆5000億匹ともいわれており、約4000種が存在する最強の生命体(?)ですが、今回は、その中でも「世界一美しいゴキブリ」と言われたりするグリーンバナナローチの紹介なります。

ロージー・メープルモスという蛾がピンクとイエローでやたら派手な件 画像集

 アメリカやメキシコなどに生息するロージー・メープルモス(モモイロヤママユ)という蛾は、その体色(ピンク、黄色)によって度々話題になるくらいとってもキュート。まるで、「愛される為に生まれてきたのよ」と言わんばかりのロージー・メープルモスの画像集をどうぞ。

強靭な盾となる頭に進化したアリ “タートルアント”

 アメリカ南部に生息するこのタートルアントは木の上で生活するアリらしいのですが、画像のように頭がごっつい盾のようになっています。特殊な攻撃をする天敵がいるからなのか、いったい何故このように進化したのか。研究チーム曰く「巣の出入り口に蓋をする為」のようです

「キラービー」と恐れられるアフリカミツバチが超危険 アメリカで死者1000人以上

アフリカナイズドミツバチ攻撃性が強く、集団で襲いかかるため、非常に危険なアフリカミツバチ。元々アメリカにはミツバチは居なかったのですが、攻撃性は強いが、普通のミツバチより多くのハチミツを生産するとして、1956年にブラジルでアフリカナイズドミツバチをアフリカ

タランチュラホークと呼ばれる世界最大のハチ “オオベッコウバチ”が危険すぎる

 世界最大のハチ世界最大のハチとして有名であり、英語でタランチュラホーク(Tarantula hawk)と呼ばれるように、ベッコウバチ特有の生態でクモを専門にする狩ハチである。 青みがかった黒い体色で、羽根の色はオレンジ、体長は6cm以上に及び、大きさではオオスズメバチを

Copyright © Dangerous Insects All Rights Reserved.
pagetop